いっぱい子育て★元保育士ママブログ

今年の4月に2人目出産☆3歳児・0歳児の姉妹の育児真っ最中‼︎保育士・幼稚園教諭の経験がありますが、初めての育児に奮闘する様子を公開しています。また、絵本が 大好きなので、様々なタイプの子どもに合う本を紹介し、お気に入りの1冊に出会うお手伝いができればと思います。旅行などの非日常の様子から日常の様子の中で親目線・保育士目線での気付きを子育てに役立つ情報にして発信。 この時期ならではの子どもの面白エピソードも随時更新中です。

ママを辞めたくなった1日

今日、長女のぐずぐずがしつこいほど長く続き、イライラを抑えて優しい言葉を選んでぐずぐずの対応をしていました。

ところが、私はある瞬間に怒り狂い、大声で暴言を吐き、座り込んだ娘を連れて無理やり立たせるように服をぎゅっと掴んで鬼の形相睨みつけ、それでも怒りが収まらず、またもや大声で娘にキツく怒鳴り散らしてしまいました。

今は娘がどんなに怖かったか、甘えられず怒鳴られてどんなに辛かったかを思うとすごく後悔しています。また、申し訳なく思います。

自分自身の未熟さを痛感し、自分を抑えて気分を変えるように努めていかなくてはと思います。

 

 

 

今日は旦那が家に居たので、さーっと娘を抱きかかえて別室に連れてってくれました。

しばらく、怒りが収まらず大声で怒鳴った為高揚していて興奮状態が続きました。

 

児相に通報が行くんではという心配より、もはや連絡してもらってこんな荒々しい姿を娘に見せてしまった後悔もあり、娘と私を助けてほしいとさえ思っていました。

 

最近は次女の頻繁な夜泣きで寝不足続きで、基本2時間起き。ひどい時は1時間もしない頃に泣き出したり、おっぱい飲んで置いた時に目が覚めてそこから1時間は起きてるので、夜中にずーっとおんぶしていたり…と毎晩大変だったこともあり、ちょっとしたことでもイライラしそういう自分のことに対してもイライラしている状態でした。

 

また、手をかけてもらってる次女を見て、最近長女の赤ちゃん返りがあり、泣いてみたり幾度となく抱っこやおんぶを要求したり、食事はママの隣が良かったり食べれなくて泣いてみたり…

全ては甘えからきてるのは頭では分かっていて、なるべく要望に応えるようにしたり、すぐ出来ない場合などにはきちんと説明したのちに絶対にどこかの場面で応えられるようにしていました。

 

そんな矢先、土曜日の自由登園を終えて迎えに行った際に車の中で見ていたCMにマクドナルドが映って「お昼はマクドナルドがいい」と言ってたのですが、ジャンクフードをあんまり食べさせたくないなという思いがありつつ旦那に電話して提案をすると、すでにうどんの用意をしてくれているということだったので、今日は

行けない旨を伝えました。

 

勝手に行く気満々だった長女は、疲れと空腹でイライラして、いつになく駄々をこねて「マクドナルドが良かった〜」を何度も言っていました。

その時も、今日はパパがうどんを作ってくれたから明日にしようね。と言うことしかできず、今日の幼稚園の話を聞こうと話を変えても一向に食べたい!の一点張りでぐずぐずが収まらない感じで、イライラも溜まっていきました。

 

家に着いた時に、幼稚園カバンを振り回していたので注意をされたり、玄関のドアを思いっきり開けてしまってバランスを崩して外に倒れる感じで派手に転んでしまったり…と、長女もイライラが溜まっていました。

 

 

キッチンで昼食準備をしていると、キッチンに座り込み、足をバタバタさせてイライラした様子を見せる長女。

この時、マクドナルドのこともそうだけど

甘えたかったのが大前提にあるだろうから、ぎゅっと抱きしめて落ち着いた雰囲気の中で、じっくりと向き合って話を聞いてあげるのが良かったと思うのですが、イライラが上回っていたのでアレコレと娘に合わせるのがめんどくさく、ばーっと怒鳴って叱りたい気分でした。

 

その5秒後には「いい加減にしろ!」「うるせーんだよ」「いつまでぐずぐずしてるんだよ」「ママだって長女がイライラしてるからイライラするよ!」「泣き止めや!」

と、ひどい言葉をこんこんと言い放ち、大声で怒鳴り散らしていました。

泣いて旦那に抱っこしてもらってる姿を見ても、可哀想なことをした気持ちにはならず、制御が効かないほど怒り狂っていました。

 

すると、旦那がすぐに来てくれて私には静かな口調で「わかったわかった。もうやめときな。」とだけ言って、さーっと長女を抱きかかえて寝室に行ってくれました。

 

もう、子育て無理だ…

一人になりたい…

長女と次女と離れた方がお互い幸せだ…

 

 

とも思い、児相に連絡が行ったなら正直に全部話して保護してもらおう。

とも、その時思ってました。

 

 

10分後、ひくひくしている長女と旦那が戻ってきて

「ママ…し・つ・こ・く・て…えーん…ご・め・ん・ね…えーん」

と言って、謝りながら抱きつこうとしていました。

 

私は10分経って70%の怒りは収まったものの、まだイライラしていたのでその言葉を聞いて

 

"はい許します"

 

とはならず、

きちんと話をしたいなと思い、抱っこを拒みきちんと目と目を合わせて長女が私の話を一切聞き入れてくれなかった事が嫌だったことを話し、自分が聞いてもらいたかったら人の話をきちんと聞くことという約束をして、ようやく抱っこをして終わりました。

 

が、

 

泣きすぎて収集がつかなくなっていた長女はうどんを拒み、お昼寝がしたいとのことだったのでお昼寝をし、今日は早めに夕食にしました。

 

 

お昼寝をしご飯を食べ終えると、やっといつもの長女に戻り、ふざけてみたり歌を歌ってみたり…ととにかく元気になっていてホッとした次第です。

 

 

あの気が狂った自分が自分でも怖く思い、まずはその時謝れなかったので長女に平謝りしました。

"あの時はイライラが止まらなくて、ママも分からなくなってたんだ。でも、大きな声を出すのは本当にママが悪かったね。怖い思いをさせてしまってごめんね…長女に話をきいてもらいたかったよ…"

"イライラした時どうしたら優しい気持ちに戻れるのかな?どうしたらよかったかな?"

と長女に聞くと、

 

「ちゅーすれば良いんだよ」

 

とのことでした。

 

"そうなんだね、、、じゃぁママがイライラして困ってたら長女が助けてくれる?長女がイライラして困ってたらママがちゅーして助けるね"

と言うと、

 

「うん、わかったよ」

 

と返事がありました。

 

 

今日はとても1人になりたくて、ママを辞めたいと逃げ出すことばかり考えていました。

 

子どもたち2人がお昼寝をした後に、ようやくおやつタイムにありつけ、今日の一件で気持ちが沈んでいた中でビスコを手に取り、一口食べてふとパッケージを見て、ぐわぁぁ〜と胸が占めつけられ一気に泣きそうになりました。


f:id:anzutama:20190203004105j:image
f:id:anzutama:20190203004058j:image

 

期間限定でキャンペーンをやっているらしく、今日の私には、お菓子もメッセージもとても沁みました。

おかげで、その後は何にも無かったかのようにお互い笑って過ごしていました。

 

 

が、

 

 

 

いつもはビスコを食べたいと言わない長女が、ビスコを食べたいと言い、いつもビスコを食べない私が食べた事を知り(いつも旦那が食べる!笑)またもやぐずぐずが発症(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

でも、また今度買ってこようと話をすると、イヤイヤながらもちゃんと話を聞き入れてくれて、後を引かず終わりました。ホッ。

 

 

こんなのが偉そうに子育て語ってるのが恥ずかしいのですが、いい事もうまくいかなかった事も記し、不器用に子育てしてたな。あははは。と振り返って笑えるくらいにできたらと思ってます。

 

長々と付き合ってくださりありがとうございました。

今夜の夜泣きも頑張ります!!

 

 

 

 

-追記-

小4の女の子の事件に関して、今テレビで児童相談所の対応を行った様子を見ました。

虐待を受けている疑いのある4歳の女の子に対して行政の役人が6人くらいが家に向かい迎えに行き、その後保護者に説明をして一時保護を強制的に行なっていました。

保護者の同意が無く、保護するために連れて行くのは合法で、施設で嬉しそうに職員と手を繋ぎスキップをしている姿が映っていました。

女の子本人も「家に帰りたくない」とのことで、半年後に新しい家族が見つかったそうです。

 

 

昨日は簡単に一時保護も頭をよぎった旨を書き連ねましたが、もう一生会えないと思うと悲しくてたまらなくなりました。

もっと悲しいのは娘だと思いますが、全ては親のエゴで子どもの気持ちをかき乱してしまっているのを居なくなってから気づくのでは遅すぎます。

お互いに良いことはひとつもありません。

 

辛い時には身近な人やサービス、行政など第三者にでもお願いし、最悪の事態の100歩手前に対処をしなければならいと思いました。

 

親としてとても身の引き締まる思いです。

 

子どもを立派に成人させるのも親の役目ですが、子どもが安心安全のもとすくすくと育てるのが基盤だと改めて思いました。

 

親子といえども人対人なので時にぶつかることもあるかと思います。

そこには必ずお互いの愛が無ければいけないです。

 

全ては子どものため、親の務めを果たせるよう精一杯頑張らないといけないですね。