いっぱい子育て★元保育士ママブログ

今年の4月に2人目出産☆3歳児・0歳児の姉妹の育児真っ最中‼︎保育士・幼稚園教諭の経験がありますが、初めての育児に奮闘する様子を公開しています。また、絵本が 大好きなので、様々なタイプの子どもに合う本を紹介し、お気に入りの1冊に出会うお手伝いができればと思います。旅行などの非日常の様子から日常の様子の中で親目線・保育士目線での気付きを子育てに役立つ情報にして発信。 この時期ならではの子どもの面白エピソードも随時更新中です。

夫の育休スタート!!

昨日から夫は、有給9日+3ヶ月の育児休業が始まりました^_^

 

育児休業取得に至るまで〜

 

【家族の状態】

 

 

夫は去年の11月から3月末まで多忙な日々が続き、通常は日祝休みなのにそれを返上し、休みがほとんど取れない日が多かったです。それ以前に帰りは娘が寝てからの日が多く、私はワンオペ状態で家庭を守ってきました。

そのため家族全員が精神的に不安定になりました。夫は家に寝て起きるだけに帰ってくるだけとなり、娘との触れ合いがほとんど無い状態でした。

娘は私のイライラがうつり、なんでもイヤイヤが益々ひどくなり、そして私が更にイライラの悪循環。

私は悪阻で吐きまくって娘の世話もままならず…お腹が大きくなった時には雪で外に出れなくて娘と2人で引きこもり状態…ずーっとイライラして家族みんなに当たり散らしていました。

本当申し訳なかった…

 

 

【旦那へ育児休業取得を懇願】

 

 

 

4月には長女の入園式、次女の誕生とイベントが盛りだくさん。あんな精神状態のまま、ぐずる2人を受け止める自信が無かったんです。

夫と私は地元婚でお互いの実家も近いけど、親は仕事や要介護なので、100%頼れないのは分かっていました。

夫の仕事があんなに多忙の中、帝王切開の術後回復しないままの産後のワンオペ育児&長女の入園という新境地の不安への対応の難しさは、イライラを越して本当に家族がバラバラになるだうと想像しただけでも恐怖でした。

 

なので、夫の育児休業は必須だと思い、思いの丈を伝えて懇願し続けました。

現場に出ているとなかなか会社に行けない為、会社に育休取得したい旨を伝えられないほど忙しかったのですが、夫も会社に行く際にはちょくちょく育休取得したいことをアピールしてくれていたようです!

 

 

 

【会社の反応】

 

 

まず、夫は真面目で何事も最後までやり抜く強さがあります。

現に、食中毒になり高熱や嘔吐下痢で救急に行って点滴を打ってもらって翌日に仕事に行ったり、熱が続こうが仕事が嫌で嫌で辞めたいと言おうが、絶対に遅刻や欠勤はせず十数年働いてきました。

どんな大変な現場でも仕事もきっちり終わらせ、現場での評価も高いので、上司や社長からもよくしてもらっていたのが大前提にありました。

 

夫の会社は中小企業で、会社の中で育児休業取得は前代未聞でした。

 

周りからは3ヶ月休業するのが羨ましいようで「パイオニアが来たぞ!」と冗談を言われたようです。

初めてのことなので、周りへの理解を得られないのは当然だと思います。育児休業を取得するのも心苦しかっただろうなと思うと、思い切って育児休業を取得してくれた夫に、ただただ感謝しかありません。

 

社長は夫の働きをきちんと見てくれて、長い育児休業取得を前向きに考えて下さり、とても嬉しく思います。

 

育児休業取得への具体的な話し合いを社長する前に、私達夫婦は改めてなぜ必要なのかを話して、それを社長に伝えようと思いました。

 

育休取得希望の理由・現状は以上で書いた通りです。

育休中の目的は…

夫は
・2人育児・家事の経験を知識として得て、育休明けもより良い家族の在り方を考える。
⇨ 1人目に経験できなかった赤ちゃんの1日の世話の大変さや、長女の幼稚園の行事の参加等で成長を真近で感じる機会を得る。

・家事全般をすることで、妻の産後のサポート兼、夫婦共働きになった時に動けるようなスキルアップを狙う。

・空いた時間に本を読み、自分自身のスキルアップも狙う。

・長年、過労してきた体を夫婦で補い、お互いに休む時間を設けたい。


妻は
・産後の心身の回復。

・下の子の世話はもちろん、上の子の心のケアにもまわれるようにしたい。

・落ち着いたら、将来の自分自身のことを見つめて、仕事などどうしていくかを考えたり準備をしていきたい。スキルアップを図る。

・夫の仕事が多忙なためにワンオペ状態で精神的にも余裕が無かったが、余裕を持って2人の育児を務めたい。

・今まで1人でやってきた分、とにかく家事育児を緩やかにやりたい。


長女へは
・下の子が生まれて不安な気持ちを受け止めると共に、パパとママと沢山甘えられる環境をつくりたい
⇨娘達にとっても両親が長い間側にいることが貴重な経験になる

 

 

以上のことを言葉で伝える前に書き出して下準備をしました。

 

育児休業1日目】

 

朝から洗い物をしたり、朝ご飯を作ってくれたり…とてもよく頑張ってくれていました!

夫いわく仕事をしてない罪悪感があるので、何かしていないと落ち着かないようですσ(^_^;)

 

夫が夕飯を作ってくれるとのことで、朝から娘と2人でスーパーに買い物へ!

私は洗濯やら掃除やらを済ませ、妊婦健診の準備をしていました。

 

妊婦健診後、夫が今まで一度もしたことない、家族との平日ランチへ(*^_^*)

 

午後はお昼寝後に私と娘は公園で友達と遊び、その間に1人の時間を楽しんで〜とバイバイしたのに、夫は産直市場に行ってたようです(*^_^*)

 

なんと‼︎(΄◉◞౪◟◉`)

 

えらいな…と改めて関心するとともに、私も夫に合わせて自分の役割を考えながら行動しようと思った1日でした^_^

夫が家事をやってる時は私が娘と向き合い、夫が娘と向き合ってる時は残りの家事をこなす感じで、これからもそうなっていくのかなと思います。

 

そして、次女が生まれたら私はしばらく身体を休めることになると思うので、今のうち私が指示しなくても夫が動けるようにする準備期間を産前に設けられたのは、すごくいい事だなと思いました(^_^)

 

 

夫へ

 

今日の頑張る姿はとても頼もしく、安心して入院できそうです!

こうやって一緒に協力しながら、子育てや家事をしたかった!!

居てくれるだけでも嬉しいのに、一生懸命努めてくれるので、私も励まされる思いです!

これからも一緒に頑張りましょう^_^いや、人生楽しみましょう♡

 

夫作☆

あさりうどん&竹輪の磯辺揚げ╰(*´︶`*)╯♡

かなり美味しかったです‼︎

 

私はいかに早く作れるかいつも適当に作ってたので、私も料理頑張ろう!と思えたで夕飯でした(*^_^*)

ノンアルのビールに合う〜♡

f:id:anzutama:20180404013023j:image