いっぱい子育て★元保育士ママブログ

今年の4月に2人目出産☆3歳児・0歳児の姉妹の育児真っ最中‼︎保育士・幼稚園教諭の経験がありますが、初めての育児に奮闘する様子を公開しています。また、絵本が 大好きなので、様々なタイプの子どもに合う本を紹介し、お気に入りの1冊に出会うお手伝いができればと思います。旅行などの非日常の様子から日常の様子の中で親目線・保育士目線での気付きを子育てに役立つ情報にして発信。 この時期ならではの子どもの面白エピソードも随時更新中です。

元保育士・元幼稚園教諭がママになってみて

私は昔から「ありがとう」と言われるのが好きで、お節介を焼いてしまうことがあります。

 

お世話するのが好き。

役にたつことが好き。

子どもが好き。

教えるのが好き。

 

私は昔から幼稚園や保育園の先生になるのが夢でした!

 

 

夢が叶い、就職し、大変ではありましたが可愛い子ども達と一緒に過ごせて、私にとって天職だなと常に思っていたほど、先生という仕事が好きでした(^-^)

 

 

しかしママになり、園での教育と家庭教育の違いに戸惑い、家庭教育の難しさを実感しています。

 

私が一番辛かったのは長女が1歳の頃。

 

歩き始めて行動範囲が広がり興味関心もひろがりました。

 

その一方で…

 

・自我が芽生え、本人の気持ちが優先されないと癇癪を起こしてお店でもごろりんと寝っ転がる始末。

 

・店のカートやチャイルドシートに乗りたくないと体をよじらせて抵抗をする。

 

・なんでも触ったり舐めたり手にとってはポイっとするので、部屋が片付けても収集がつかず、もういちいち片付けるのが面倒になった時には一気に部屋がゴミ屋敷化。

 

・外に出ても、周りの子はママから離れて遊んだりしていたのに、娘は「ママ、ママ」とべったり。人一倍人見知りで、場所見知り。

 

・夜寝付かせの時にベッドからむくっと起きて、ベッドの上を歩いたり、柵につかまってぴょんぴょん飛び跳ねて、寝る気配がない時間が長かった。

 

・手間暇かけて作った離乳食は、ぶーっと吹き出され、机をバンバン叩いてその拍子でひっくり返して台無しにする。

・食べることに興味があまりなく、食事の時に使っていたハイローチェアの上に立つ。そしてあまり食べない。

f:id:anzutama:20180121153727j:image

↑完食してくれたのが嬉しくて撮った1枚✨

 

 

とにかく、手を焼きました(^^;)

特に夜は寝つきが悪いうえに何度も起きるので、疲れさせる為に午前と午後と支援センターに行ったり散歩に行ったり…

絵本を読んだり、季節の歌を歌ったり、手遊びや触れ合い遊びも沢山やり、私の持ってる保育技術を全て駆使したつもりでした。

 

 

でも

 

ぐずるわ!

寝ないわ!!

食べないわ!!!

 

なんでーーー。

あんなに天職だと思ってた子どものお世話だったのにーー‼️

子どものことなら全然お任せって感じだったのにーー‼️

もぅ、わけわからん💢💢💢

 

 

と、ブチギレて悲しくなって、涙が止まらなくて…

 

区役所の窓口に、泣きながら助けを求めました。

 

 

 

元先生だったのが、かえって邪魔したみたいで、変なプライドもあり、言えなかったし育児書にも頼りたくなかったんです(^^;)

 

 

でも、役所の遊びスペースで役所の方に子どもを見てもらっている間に、窓口の相談員の方に、人目を気にする余裕がない程、わんわんと泣きながら、今の状況や辛い心情を長々と聞いてもらいました。

 

相談員の方は、ただただ話を聞いてくださいました。

メモもとりつつ、きちんと目を合わせて「うん、うん、辛かったね…」と言って、まとまりのない話をゆっくりと時間をかけて耳を傾けて下さいました。

 

 

 

 

最後には、「話をしてくれてありがとう。ここまでくるのも大変だったでしょ。わざわざ足を運んでくれて、話をしてくれただけでも、よく頑張ってるのが伝わるよ。でも、頑張りすぎないで、また電話でもいいからいつでも話してね。」

 

と、声をかけてもらい、さらに涙がでました。

 

 

 

 

頼ってもいいんだ。

 

 

と、その時に初めて思いました。

 

 

自分はうまくやれる❗️と思っていたり、うまく子育てしたい❗️と高い質を求めていたところがあり、『なかなかうまくいかない』ではなく『全くうまくいかない』に感じていました。

 

 

元保育士さん・元幼稚園教諭の方の中にはうまくやっている方も多いかと思いますが、私は職業が邪魔して苦しい思いをしました。

 

同じように悩み、苦しんでいる方もいるかと思います。

 

 

『分かってる』

からこその辛さがあると思います。

 

 

今一度、学生時代のテキストを引っ張り出して読んでみたり、色んな育児書を読んでみたり…

自分は先生ではなく、『ママ初心者』であることを再認識しました。

 

そしたら、周りと肩組んで一緒に子育てしなきゃ❗️という思いになり、なんだか気持ちが軽くなりました(o^^o)

 

 

やっぱり子どもが好きなんだ❗️

という気持ちはずっと忘れてはいけませんね(^-^)♡

f:id:anzutama:20180121153113j:image